英語で「どう思う?」はWhatとHowのどちらが正解?分かるようで分からない英語表現

トライズ 英語フレーズ紹介

皆さんは中学校の時に英語で「どう思いますか?」という表現を習ったと思いますが、その際、「What do you think?」と「How do you think?」のどちらを習いましたか?どちらも同じような表現だから、どちらでも良いと思われるかも知れませんが、実は厳密にいうと「What」を使うか「How」を使うかで相手への伝え方は異なります。

使う英単語が一つ違うだけで相手に誤解を与えないために、今回は「What」と「How」の違いについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

相手に意見を尋ねる場合

相手に意見を求める際、英語で「どう思いますか?」と尋ねるなら、

「How do you think?」

「What do you think?」

どちらが正しいでしょうか?

Howは一般的に「どのように」と訳すため、「どう思いますか?」は「How do you think?」 だと答える人が多いでしょう。しかしながら、厳密にいうとこれは間違いです

英語で「どう思いますか?」と相手の考えや意見を聞く場合は、「What do you think?」このフレーズが最も適切です。直訳すると「あなたは何を考えていますか?」となり、つまり「どう思いますか?」という意味。また会話では、thinkの後にaboutやofをつけて、「〜についてどう思いますか?」と言うフレーズが良く使われます。

  • What do you think about the price?   「価格についてのあなたの意見はどうですか?」
  • What do you think of my new dress? 「私の新しいワンピースはどう?」

一方、Howは考える手段や程度について聞くときに使われます。「How do you think?」 は「どうやって考える?」と思考の手段や過程を尋ねるときに用います。

  • A: How do you think about this matter?「この問題についてどういう方法で考えますか?」
  • B: We need to talk more about that.   「私たちはそれについてもっと話し合いが必要です。」
疑問詞

Howを使って「どう思う?」と表現する場合

相手の考えや意見を尋ねる場合に、Howを使って「どう思う?」と表現することもできます。

Howを用いるなら、「How do you feel about 〜(〜ついてどう思う?)」というフレーズになります。ただし「How do you feel?」だけの場合、「気分はどうですか?」となり意味が違ってしまうので、「どう思う?」と相手の意見を尋ねる場合は必ずaboutを付けましょう。

  • How do you feel about the food?    (その食べ物についてどう思う?)
  • How do you feel about this restaurant? (このレストランをどう思いますか?)

Howは一般的に「どのように」「どうやって」と訳されますが、日本語の「どう」に惑わされると間違えやすいです。英会話に不慣れなうちは、例文ごと暗記するのが一番です。

上記の例文を参考にして、疑問のWhatとHowを正しく使いこなせるようにしてくださいね。

コーチング英会話学習が強みのトライズでは、専属講師との集中トレーニングを通じてナチュラルな英語表現を学ぶことができます。スピーキングに自信をつけたいと考えているなら、トライズの無料カウンセリングでご相談ください。