英語で「来日理由」を「Why did you come to Japan?」が禁句な理由!?

トライズ 英語フレーズ紹介

外国人と英語でコミュニケーションを取る機会が増えてきた昨今。コミュニケーションの導入として「なぜ日本に来たのか」と来日理由を聞いてみたいと思ったこと、あるいは聞いたことがあるのではないでしょうか?しかし、気をつけないと相手に失礼な印象を与える場合があります。

今回は、英語コーチングスクールのTORAIZ(トライズ)のコンサルタントが英語で「来日理由」を質問する場合の注意するべきフレーズを紹介します。

英語で外国人に来日の理由を聞く場合

「あなたは何をしに日本に来たのですか?」この質問は、外国人との初対面の会話で頻繁に出る質問です。

では、実際に英語で何と言うでしょうか?

おそらく多くの人が、「Why did you come to Japan?」と答えるでしょう。

中学校の英語の授業で習うフレーズで、文法的にも間違いはありません。ですが、このフレーズは失礼な解釈をされることがあります

それは、Why「なぜなの?」は理由を追求するとてもストレートな質問の仕方なので、無礼に聞こえてしまうことがあるからです。ですから、「いったい何のために日本にきたの?」と責められていると受け取られることも。尋ね方にもよりますが、初対面の人に突然こう聞かれたら「来ちゃいけなかったの?」と不快になる可能性もなくはありません。そのため「Why did you come to Japan?」を使って質問する場合は、文頭のWhyをあまり強調しないようにしましょう

英語で質問

「なぜ日本に来たのですか?」を丁寧な英語で言おう!

「あなたは何をしに日本に来たのですか?」と言うとき、「Why did you come to Japan?」は間違いではありませんが、より丁寧なフレーズがあります。

それが以下のフレーズです。

「What brings you to Japan?」 (どういう経緯で日本に来たのですか?)

直訳すれば「何があなたを日本に運んで来たのですか?」となりますが、これは「来た目的、理由」を聞く時の定番フレーズです。「なぜ日本に来たの?」は会話の糸口で使うフレーズですから、できるだけ相手を歓迎する雰囲気を出し、会話を続けたいですよね。そのため、理由を追求するのではなく、その経緯を尋ねるようにすれば、相手に興味があることを伝えることができるでしょう。

また、意外な場所で誰かに会って「何故ここにいるの?」と聞く場合も、親しい友達なら 「Why are you here?(何でここにいるの?)」 や 「What are you doing here?(ここで何をしているの?)」で良いですが、それほど親しくない人の場合、「What brings you here?」と言う表現のほうが柔らかい印象を与えることができます。

「What brings you here?」というフレーズは、病院で診察を受けるとき「今日はどうされましたか?」とお医者さんがよく使う表現であることも覚えておきましょう。

まとめ:トライズのネイティブレッスンで伝わるビジネス英語を

トライズでは、伝わる英語から一歩進んだナチュラルな英語表現を学ぶことができます。専属の講師と集中トレーニングを重ねることで、スピーキングに自信をつけませんか?トライズでは無料カウンセリングを実施していますので、興味のある方はぜひ一度トライズの無料カウンセリングでご相談ください。