英語学習には生きた英語を学ぶのが一番【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.4-3】

おすすめの英語教材

今回はトライズ(TORAIZ)のコンサルタントにオススメの英語教材についてお話をしていただきました。

おすすめの英語教材を教えてください 

おすすめは、NHKのラジオ英会話千本ノックシリーズです。 

千本ノックは、CDを聞きながら、投げかけの言葉に対する答えを話す練習ができます。 

1人で勉強しているにもかかわらず、相手がいるかのような環境で行えるからです。1人での勉強すると孤独に感じてしまうこともありますが、千本ノックシリーズで勉強すれば1人でもさみしさを感じずに英語を学習することができるため私にとってはかなりおすすめの教材なのです。 

さらに、瞬発力を鍛えることもできるために、旅行やビジネスの場など様々な状況で応用できるスキルを身につけることもできます。 多くのフレーズを覚えるというよりは、確実に使えるフレーズを覚えることを重視しております。

受講生様の中には、会社の会議が英語で行われるので会議で英語が使えるようになりたい方や、旅行が趣味で旅行先で現地の方と英語でコミニュケーションを取りたい方に、この教材をおすすめしています。もちろん受講生様から自分にはこの教材は合わないと言われる場合もあるので、その時は他の教材を紹介させていただいてます。

どのような方にお勧めですか? 

千本ノックは、会話の練習したい方におすすめしています。 

この教材で会話と瞬発力を身につけることで、実際に会社にネイティブの方の前で話すリハーサルができます。何事もそうですが、練習がないと本番で使えません。何度も同じフレーズを聞いては答えるということを繰り返すことで、この教材の成果が出ます。

また、通勤時間などの時間では、リスニングやシャドーイングをすることも薦めています。特にシャドーイングは、ネイティブの発音を物まねすることで発音が良くなることができるのです。 

私自身今でも行き帰りの時間も惜しまずリスニングやシャドーイングを行っています。英語のリスニングの教材の1回分の会話大体1~3分半のものが多いからです。移動時間は英語学習をする上で欠かせないからです。 

電車の時間や自宅から駅までの徒歩の時間、さらにはスーパーのレジなどの隙間時間をとにかく大切にしています。 時々レジ待ちでブツブツ言っていて気づいたら周りから不思議な目で見られることもあります(笑)。

ちょっとした時間でもリスニングをすれば、以外と簡単に1冊を終えることができるのです。 

もし英語を本格的に行いたければ、教材選びはもちろんのこと、空いている時間も英語を意識して勉強することもポイントだと思っています。 

トライズでこれらの教材をおすすめする理由

トライズの受講生様には、1年間で1000時間の英語学習時間を忙しい仕事の合間を縫って捻出していただいております。1日の平均学習時間でみると3時間です。忙しいビジネスマンに1日3時間の学習時間を作るのは大変難しいことです。

そこで私も実践しているように、通勤時間などのちょっとしたスキマ時間を使って1日合計3時間の学習時間を作っていただいております。多くのビジネスマンは通勤時間が片道1時間前後なので、その時間をフルに使っていただければそれだけで2時間の学習時間を捻出できます。残り1時間は朝30分早起きしていただき、帰宅後30分時間を作っていただければ、これで合計3時間になります。

意外に思われるかも知れませんが、トライズではこのようにして受講生様に学習時間を作っていただいております。「コーチング英会話」という響きから「スパルタ」なイメージを連想される方も多いかも知れませんが、そんなことはありません。無理な学習計画では、仕事をこなしながら1年間学習を続けることはできません。無理なく確実に英語学習を続けることが重要であるとコンサルタントは心得ています。

トライズは他の英会話スクールと違って「英語が話せるようになれる」英会話教室です。今回紹介した英語教材も英語を話せるようになるためのものです。市販の教材であってもトライズでの使い方を実践していただければ必ず英語を話せるようになります。興味がある方はぜひ、トライズ(TORAIZ)公式サイトを御覧ください。

次回は、コーチング英会話スクール「トライズ」で印象に残っている受講生様について詳しく書いていきます。ご期待ください!