努力は必ず報われる!1年間英語をやりきった受講生【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.4-4】

受講生紹介

今回はトライズ(TORAIZ)のコンサルタントに印象に残っている受講生様についてお話をしていただきました。

印象に残っている方を教えてください 

何よりも英語を最優先に、最後までモチベーション高く学習した女性の受講生ですね。 

その方は最初からかなり難易度の高い教材に挑戦していたことから少し飛ばしすぎて不安に思ったこともあったのですが、毎日3時間やり切って1年で予想していた以上に英語力を伸ばすことができていました。 

彼女のように毎日継続してやり切ることがトライズで成果を出すには一番必要であることも学ぶことができましたね。理論として知っているのと、その理論を実践している姿を間近でサポートして、その成果が出ている姿を見るのとでは全く違う話です。彼女は本当に尊敬しています。

どのようなサポートをしましたか? 

少し難しめの課題に対しても出来ない理由ではなく、とりあえずやってみようと思わせるような指導を心がけました。やってみなければ見えない景色があります。

私自身の経験からも、難しいことに対して出来ない理由を考えることは簡単ではあるのですが、出来る方法を考えることや挑戦してから学べることって意外とたくさんあるのです。それに 諦めたらそこで試合終了ともいいますし(笑)。

他にも、定期的なテストで良かった点を伝えることはもちろんのこと、もっと伸ばすために課題点と次に取り組むべきことも伝えました。毎日3時間英語の学習時間を捻出していただいていたので、それに私も全力で応えるべく、現状維持ではなくより上を目指してもらおうとアドバイスしました。 

毎回課題を認識して解決していくことでどんどん英語が話せるようになり、現地の人からも英語力を褒められたという報告をいただいたときは自分の仕事にやりがいを感じることができました。

多くの受講生様から伺うのは、トライズのネイティブ講師とのレッスンを重ねることで確かに英語を話せるようになっているけど、イマイチ英語力が身についている自信がないということです。そんな時に、トライズのレッスン以外の場所で英語を使って会話ができる機会があると自信に繋がり、やっぱり自信がなかっただけで、トライズのおかげで英語が話せるようになっていると言っていただくことがあります。さらにその経験がモチベーション維持にも繋がったというお声もよく伺います。今回紹介した受講生様もそれに当てはまると思います。やはり真面目に努力している人は報われるのだと思います。

次回は、コーチング英会話スクール「トライズ」のコンサルタントから見る日本の英語学習について詳しく書いていきます。ご期待ください!