英会話習得は楽器ができるようになるのと同じ【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.4-5】

日本人の英語について

今回はトライズ(TORAIZ)のコンサルタントに日本の英語学習についてお話をしていただきました。

なぜ日本人は英語が話せないと思いますか? 

自信のなさと間違えてしまってはいけないと完璧主義になってしまうところではないでしょうか。今まで英語学習を行う上でのテストはマルバツしかなかったことや、出来なかった部分ばかり見てしまう方も多かったかと思います。 

さらに中学校から英語を勉強している方がほとんどだと思われるが、そこで学ぶ英語は話すためではなく、学問としての英語なのだと切り替えることも必要です。話すための英語は、伝われば良いことを意識することを受講生には伝えていきたいですね。 

コーチング英会話スクール「トライズ」では英語が話せるようになりますか?

トライズでは、1年という期間の中、最短で英語を話せるようサポートしています英語を話せるようになるために、たとえ文法を間違えても伝わる英語と難しい単語や複雑な文法を使うのではなく、シンプルな英語を話すことの大切さを受講生に伝えています。 

話すための英語を学んだ経験のあるコンサルタントだからこそ、的確なアドバイスやまた、今までの教科書を使った英語学習よりも実用的で無駄のない学習を大切にしています。さらに、ネイティブとのレッスンを通して英語を話すことに自信のない方も抵抗をなくせるようしっかりと1人ひとりの受講生を見極めた学習法を行っています。 

受講を検討している方に一言 

私自身も留学経験がなく、最初は上手に話すことができませんでした英語が話せるようになって感じたことは、楽器と同じでいきなり上達するのではなく、まずは練習が必要なものです。 

また、英語学習には継続が必要です。継続をすれば、少しずつ英語力を高めることができるようになります。英語学習の方法は話題のものから、短期間のものなどたくさんあります。 

英語学習の中でも、受講生の関心やレベル、仕事の忙しさなどをしっかりとヒアリングして個人に合った最適な学習法を提案できることもトライズならではないかと考えています。 

もし、私たちコンサルタントやネイティブ講師からたくさん吸収して英語を上達したいという方はぜひまずは無料のカウンセリングを行ってみることをおすすめします。