「お世話になっております」って英語でなんて言う?ビジネスで使う英語表現

英語フレーズ紹介

「英語でメールを書かなくちゃ」

「あれ、お世話になっておりますってなんて書く?よろしくお願いしますは?」

ただただ日本語を英語に翻訳していくだけではスムーズにいかないところ。

本記事では、日本語のビジネス・社内メールで多用されるフレーズのうち、「お世話になっております」と「引き続きよろしくお願いいたします」の2つを取り上げそれぞれの英語表現について紹介していきます。

「お世話になっております」

メールの冒頭に必ずと言っていいほど記載される「お世話になっております」。実は、英語ではこのような「いつでも、どんな状況でも」使われる表現はありません。

基本的には宛名を書いた後には、すぐに本題に入ります。

しかし、状況に応じて以下のような挨拶を冒頭に置くと、より丁寧に感じさせます。

・Thank you for your continuous support as always.

「いつもお付き合いいただきありがとうございます」:継続して取引のある相手などに送ります。「お世話になっております」と非常に近いニュアンスです。

・I hope everything goes well for you.

「変わらずお過ごしでしょうか」:相手の健康や仕事状況を気遣う一言です。

・Thank you for your e-mail.

「メールをいただきありがとうございます」:返信メールの場合は、この文章から始めてもいいですね。

ビジネスで使う英語表現

「引き続きよろしくお願いします」

なんとなく便利でついついメールの末尾などに多用してしまうこの表現ですが、実は英語では明確な「頼み事」がない限りはあまり使われることはありません。

ただし、メールの内容に応じて文末に以下のフレーズを置くことで、丁寧なメールになります。

・Thank you for your continued cooperation.

「ご協力ありがとうございます」:”Thank you.”のみで締められることも多く見受けられます。

・I’m looking forward to hearing from you.

「返信をお待ちしております」:”hearing”を”seeing”に変えると「次に会うのを楽しみにしています」と言う意味になります。

英語ができれば世界が広がる!そこから始まった英語学習の日々【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.6-2】

2020年6月4日

まとめ

日本語のビジネスメールでは、半ば無意識的に打っている「お世話になります」「よろしくお願いいたします」

無理に英訳しようとすると、少し不自然になってしまうことも多いです。

本記事を参考に、状況に合わせた表現を覚えて、そのまま使ってみることをおすすめします。

また、トライズでは今回ご紹介したような日本人がよく使っているけど、英語ではどう表現するのだろうという不安を専属のコンサルタントとネイティブコーチが解消してくれます。トライズのネイティブコーチは他の英会話教室と異なり、日本に暮らしております。そのため、日本の文化を知っているので、日本語の表現を適切な英語の表現を理解しております。気になる方はぜひトライズの無料カウンセリングに起こしください。

トライズ 英会話 英会話コーチング

英語の参考書に迷ったらコレ!【トライズ・コンサルタント・インタビュー Part.3-3】

2020年5月15日