分かっているようで分からないcomeとgoの違いを徹底解説!

英語フレーズ紹介

comeとgoの違いについて

英語の「come」と「go」の使い分け方を知っていますか?

学校では「come」を「来る」、「go」を「行く」と習ったと思います。しかしながら、ネイティブの実際の会話では「come」を用いて「行く」と表現することがあります。

以下の2つの例文は、どちらも「今行きます」と訳すことができますが、違いを説明できるでしょうか?

  • 「I’m coming.」
  • 「I’m going.」

「I’m coming.」は「(相手のところに)今行きます」という意味です。つまり、待ち合わせで相手の元に近づいていくとき、「今行くよ」「向かっています」と伝えたい場面で使います。また、「John, dinner is ready.(ジョン、夕飯ができたよ)」と声をかけられた場合も、「I’m coming!」と答えるのが正解。

「I’m going.」の「今行きます」は、相手から離れているイメージです。例えば、仕事に向かう際に「行ってきます」と家族に伝える場合、家族から離れた場所に行くので「I’m going (to work) now.」が適した表現です。

comeとgoの違い

英語のcomeとgoの違いをイメージで解説

英語の「今行きます」は、場面と状況に応じて使い分ける必要があります。

日本語の「行く」や「来る」に惑わされてしまうと使い分けが難しくなるので、

話し相手との距離が近づく場合 ⇒ come
話し相手から距離が離れる場合 ⇒ go

と、覚えておけば会話の中で瞬時に使い分けができるでしょう。

「come」と「go」の例文を見ていきましょう。

「come」は、「(話し相手のいる場所に」近づいていく」イメージです。

  • Come this way. (こちらに来てください)
  • Can I come and see you?(これから会いに行ってもいいですか?)
  • Tom can’t come to your party tomorrow.(トムは明日のパーティには行けません。)

3つ目の例のように、話し相手先へ同行する場合も「come」を使って表現することが多いです。

goは、「(話し相手/この地点から離れて)遠くへ行く」ことを伝えるときに使い、「立ち去る」というイメージです。

  • Let’s go to the beach today.(今日、海に行こうよ!)
  • I’m going home.(家に帰ります)

英語の「come」と「go」は、日本語の「行く」「来る」とは中心となる視点が違うという点を覚えておきましょう。

トライズでは、専属の講師と集中的に英語学習ができるプログラムを組んでいます。目的に合わせたレッスンをカスタマイズして、あなたの英語力向上を応援します!効率の良いスピーキング学習を考えているなら、ぜひトライズの無料カウンセリングでご相談ください。